青森県量子科学センター

サイクロトロン加速器

サイクロトロン加速器

サイクロトロン加速器

QSCの中核となる研究設備がサイクロトロン加速器です。
この加速器は、加速した陽子ビームをビームラインを通じて各実験装置へ供給することで、製造業、農業、医療等様々な分野に活用できる設備となっています。
PET薬剤合成用のRIの製造のほか、細胞や小動物を対象とした中性子照射(BNCT)、中性子照射による透過画像作成(NTR)、粒子線による微量元素分析(PIXE)が可能となっています。

サイクロトロン加速器
サイクロトロン加速器のスペック
加速粒子 陽子 重陽子
ビームエネルギー 14MeV又は20MeV 10MeV
最大ビーム電流 150μA 50μA

サイクロトロン加速器によって、
原子力・放射線利用関連産業への
地域企業の参入促進、
新製品・新サービスの創出による
地域・産業の活性化を目指します

放射線による
最先端医療技術の開発

医療技術・装置の高度化
陽子ビームによる成分分析

優れた食品の成分確認や
考古学試料のルーツ解明に
応用可能
中性子ビームによる透過観察

工業製品・構造物の
品質管理・安全管理での活用
新しい機能性材料の開発

高付加価値製品の創出
新しい放射線計測技術の開発

放射線検出器の
先進技術を元に産業創出
高レベル放射性廃液の
高度分離技術の開発

有用金属資源の回収利用

PAGE TOP