青森県量子科学センター

目 的

目的

最先端の量子科学研究で原子力を支える
人材・技術の維持・強化を図る

青森県では、原子力関連施設の立地環境を活かして、量子科学分野の人材育成、研究開発に積極的に貢献していくことを目的に「青森県量子科学センター(QSC)」を開設しました。

QSCでは、人材育成活動として、学生、社会人等を対象に、原子力安全・防災、放射線管理等の専門的知見を有する人材の養成、放射線取扱主任者等の国家資格取得のための講習、作業管理者、中堅技術者の養成等を展開していくこととしています。

また、研究開発活動では、サイクロトロン加速器、国内初導入の3.0T一体型小動物用PET/MRIシステム等を活用し
  1. 高レベル放射性廃棄物からの放射性同位元素の高度分離技術の開発
  2. 放射性同位元素の医学・工学等への応用
  3. 先進放射線計測技術の開発
  4. 放射線・放射線場を用いた材料科学技術の開発
の4つの活動目標に沿ってそれぞれ研究開発に取り組むこととしています。

これらの活動を展開することにより、原子力関連の高度な知識・技術の習得が進み原子力関連産業における雇用促進を図り、本県の人づくり、産業づくりにつなげていきます。

サイクロトロン加速器

PAGE TOP